手足やお腹、お尻などに冷たさを感じる冷え性ですが、特に女性に多い症状です。

女性に冷え性が多い理由

 

間違えて行ってる冷え性対策とは

手足やお腹、お尻などに冷たさを感じる冷え性ですが、特に女性に多い症状です。

 

 

月経

 

女性に多い原因としていくつか指摘されていますが、まず月経が関係してきます。
月経を迎えると一時的に血液が失われますので、エネルギーが不足して、冷えを感じやすくなります。

 

 

薄着

 

薄着ファッションが流行っているのも問題です。
空気が冷たい冬の季節に薄い服や短いスカート、腕や脚を露出させたファッションを好んで着用していると、身体を冷やしてしまいます。

 

 

ダイエット

 

美容を気にする女性が一生懸命取り組むダイエットにも注意です。
食事を急激に減らすようなダイエットでは摂取カロリーが低すぎて、体温を上げるエネルギーが不足してしまいます。エネルギーが不足すると貧血になりやすいのも理由の一つです。

 

 

脂肪は冷える

 

体質的に女性は脂肪が多い身体をしています。
脂肪は冷えると温まるのが難しく、身体の内部から冷えている状態が長くなりがちです。
脂肪が多い女性は男性よりも筋肉量が少ないため、筋肉で熱を作りにくい>のも原因です。

 

 

女性ホルモン

 

女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経が乱れて、身体を温める機能が正常に働きにくくなります。
月経や妊娠、更年期や精神的なストレスなどを理由にバランスを崩しやすい女性ホルモンと、上手く付き合っていく工夫が必要不可欠です。