手足が冷えていなくても内臓が冷えてしまう隠れ冷え性

隠れ冷え性にご世用心

隠れ冷え性にご世用心

 

手足が冷たくて困る冷え性は注目されますが、手足が冷えていなくても内臓が冷えてしまう冷え性があります。
これを隠れ冷え性と言いますが、手足は暖かくても内臓が冷えてしまうことです。

 

 

隠れ冷え性の特徴

 

内臓型冷え性とも呼ばれており、冬よりも夏に悪化しやすいという特徴があります。

 

 

隠れ冷え性の症状

 

症状として以下のような症状現れます。

 

  • 便秘や下痢を繰り返す
  • 内臓が冷えていることで内臓の機能が低下する
  • 胃腸の調子が良くない
  • 免疫機能が低下してしまっている

 

手足が暖かいので油断しがち

 

手足が暖かいため冷えはあまり気にならないという人も多いですが、放っておいたら症状が重くなってしまったというケースも多いため注意が必要です。
症状がひどくなると膀胱炎や機能性胃腸障害などの病気になってしまうこともあります。

 

 

隠れ冷え性の原因

 

原因はいろいろありますが以下のようなものが多いようです。

 

  • 冷暖房による自律神経の異常
  • 冷えた食べ物の食べ過ぎ
  • 運動不足
  • ストレスなど

 

 

隠れ冷え性の改善方法

 

 

運動

 

改善するためには、体の内側から熱を作る必要があるため運動をして筋肉を使っていきます。

 

 

食事

 

食事も冷たいサラダなどではなく温かいスープを取り入れたり、よく噛むことで内臓の負担を減らして消化を促進させることができます。

 

 

生活

 

自律神経を整えるために規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

入浴

 

入浴時にはきちんと湯船に入って体を温めるのも効果的です。

 

 

>>隠れ冷え性対策にはサプリで改善<<