女性に冷え性が多い理由:月経・薄着・ダイエット・女性ホルモン

女性に冷え性が多い理由:月経・薄着・ダイエット・女性ホルモン

間違えて行ってる冷え性対策とは

女性に冷え性が多い理由

手足やお腹、お尻などに冷たさを感じる冷え性ですが、特に女性に多い症状です。

 

月経

女性に多い原因としていくつか指摘されていますが、まず月経が関係してきます。
月経を迎えると一時的に血液が失われますので、エネルギーが不足して、冷えを感じやすくなります。
 

薄着

薄着ファッションが流行っているのも問題です。
空気が冷たい冬の季節に薄い服や短いスカート、腕や脚を露出させたファッションを好んで着用していると、身体を冷やしてしまいます。

 

ダイエット

美容を気にする女性が一生懸命取り組むダイエットにも注意です。
食事を急激に減らすようなダイエットでは摂取カロリーが低すぎて、体温を上げるエネルギーが不足してしまいます。エネルギーが不足すると貧血になりやすいのも理由の一つです。
 

脂肪は冷える
体質的に女性は脂肪が多い身体をしています。
脂肪は冷えると温まるのが難しく、身体の内部から冷えている状態が長くなりがちです。
脂肪が多い女性は男性よりも筋肉量が少ないため、筋肉で熱を作りにくい>のも原因です。

 

女性ホルモン

女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経が乱れて、身体を温める機能が正常に働きにくくなります。
月経や妊娠、更年期や精神的なストレスなどを理由にバランスを崩しやすい女性ホルモンと、上手く付き合っていく工夫が必要不可欠です。

冷え性 ダイエット

女性に冷え性が多い理由はダイエット?

特に女性の中には冷え性であるという人も多いかもしれませんが、冷え性はただ単に、体が冷えるというだけではなく、痩せにくく太りやすい体質になりやすい傾向にあるということが言えます。

なぜ、冷え性になると、痩せにくくなるの?

なぜ、冷え性になると、痩せにくくなるのかというと、体の熱量が低いということは、基礎代謝が悪くなるからであると考えられます。
基礎代謝が落ちると、何をしていなくても消費できるカロリーが少なくなり、食べたエネルギーを消費することができなくなり、脂肪として蓄えられてしまう可能性が高くなります。
特に下半身は、基礎代謝が落ちやすくなり、脂肪がつきやすくなります。

体の熱量が低い

基礎代謝が悪い

食べエネルギーを消費できない

痩せない

冷え性を改善させながらダイエット

そこで、冷え性でありながら、ダイエットをするのであれば、冷え性を改善させながらダイエットをするということが大事になってきます。
そこで、どのようなダイエットがあるのかというと、内臓温めダイエットや冷えとりダイエットなどが考えられます。

内臓温めダイエット

内臓温めダイエットの方法としては、体を温める作用のある食べ物や飲み物を取るようにしたり、適度に運動をしたり、腹部のマッサージ、などの行動を組み合わせて行うというダイエットです。

運動

運動も内臓温めに効果的です。
ウォーキングやストレッチ、エクササイズなど、気づいたときに体を動かす習慣をつけましょう。
実際、ちょこちょこ動く人は太りにくいです。

お腹マッサージ

また、お腹マッサージも内臓を温めるのに役立ちます。
おへそ周りにはリンパが多く集まっているので、よく揉みほぐしリンパの流れを改善することで内臓を温めてくれます。

お腹マッサージ

  1. あお向けになって両ひざを立てリラックスします。
  2. おへその右下に指を当て、小さく「の」の字を描きながら5回マッサージをします。
  3. これを時計回りに約8~10カ所で行いましょう。
  4. 最後におへその右下から時計回りに大きく「の」の字を5回描きます。

寝る前に行うとお通じもよくなります。
お風呂の中で座った状態でもでき、簡単ですので試しててください。

女性に多い冷え:冷えとりダイエット

冷えとりダイエット
冷えとりダイエットに関しては、入浴、運動、冷えとり靴下の活用などを組み合わせて、体の冷えを解消させていくダイエットです。

冷えとりダイエットとは?

『冷え』を改善することで痩せる健康的なダイエット方法です。
すぐ痩せるというわけではありませんが、根本的な体質改善なので、気が付いたら「健康的に痩せていた」という方法です。
むくみが気になる方は冷え性かもしれません。

冷えとりダイエットの方法

冷え性を改善することが基本です。

半身浴

半身浴やマッサージで少しずつ冷え性を改善していきましょう。
>>マッサージの詳細はこちら<<

運動

そして、運動も効果的。
冷え性にはストレッチで隅々まで血行をよくする運動ががおすすめです。

靴下の工夫

冷えとり専用の靴下という絹の靴下があります。
この絹の靴下とと綿の靴下の重ね履きをします。
そしてできれば5本指タイプがおすすめです。
なければ普通の靴下でもOKですが、あまり重ねると血流が悪くなることもあるので工夫しましょう

次の章では、冷え性サプリで有名な美めぐり習慣を紹介します。

▲ページトップに戻る